ダウンロード資料 - レポート・講演Download - Knowledge

バーチャル・ミーティングを主導するためのヒント


◇リモートワークを実施する人のうち、

21% が孤独感を感じています。 

21% は協働すること、コミュニケーションすることに苦労しています。

16% が自宅では注意散漫になります。 

◇オンライン会議では65% が、別の作業をしていると言われており、

55% はつまみ食いを、

25% はゲームで遊び 、

21% はオンラインショッピングをしていると言われています。

◇コミュニケーションの55%が身振り、38%が声のトーンに左右され、

このいずれも、バーチャル環境では使われていない、あるいは発揮されていません。

新型コロナウイルス感染症の発生により、多くの企業が従業員の安全を確保するために奔走しています。リモートワークは、求められる手段の一つとして注目されていますが、その環境を整えることはもちろん、その環境下でどう進めるか、迷いの多いリーダーも多いことでしょう。

この困難な状況下において、少しでも最良の結果で仕事を進められるように、ここではバーチャル・ミーティングの計画、進行、終了後のフォローアップまでをよりスムーズに進めるためのヒント集をご提供します。

例)一部抜粋

ミーティングのファシリテーション

時間どおりに、準備ができた状態でその場にいる。

ミーティングの開始時に、以下を行う。

  • メンバーの出席を確認する(休憩から戻った場合も同様)。
  • 適切な場合は、参加者に簡単な自己紹介を求めて相互理解を促進する。
  • 参加者が話し合いに集中できるように、記録係を指名する。
  • ミーティングに関する合意済みの基本ルールを確認するか、その場でルールを決める。

ミーティングの目的と成果に集中する。

バーチャル・ミーティングを主導するためのヒント集」は以下のリンクからダウンロードできます。
 どうぞご利用ください。

人材開発に関することは、お気軽にお問合せください
お電話でのお問合せ
03-6625-5953
(平日10:00~17:00)
フォームでのお問合せ
お問合せフォーム

レポート・講演

お電話でのお問合せ
03-6625-5953
(平日10:00~17:00)
フォームでのお問合せ