GLF2018ハイライト - レポート・講演GLF2018highlight - Knowledge

【特集】GLF2018ハイライト|Ⅳ. リーダーの根幹



グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト(GLF)は、弊社のパートナー企業であるDDI社(ディベロップメント・ディメンションズ・インターナショナル)が1999年から隔年で実施している世界規模のリーダー調査で、日本では弊社が主体となって実施しています。 8回目となる最新の調査結果は、リーダーシップの現状と将来に関する25の所見で構成され、6つのカテゴリーに分類されています。

「グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト2018」の日本特集レポートから、調査結果の一部をご紹介するシリーズの第4回。今回取り上げるのは、『リーダーの根幹』です。


 

Ⅳ. リーダーの根幹

  1. リーダー育成はいまだにCEOの最重要課題
  2. リーダーシップ・スキルは依然として停滞
  3. リーダーシップ戦略
  4. 明確な方向性に基づいたリーダーシップ

1. リーダー育成はいまだにCEOの最重要課題
  戦略を実行する優れたリーダーがいなければ、戦略はないに等しい

世界の1,000人以上の最高経営幹部に、来期に最も注意を要すると考えている問題を特定していただきました。その結果、政治の不安定さや気候変動、テロリズム、世界的不況のような、ニュースの見出しになっているグローバルな問題ではなく、「次世代」リーダーの育成(64%)、優秀な人材の獲得/定着の難しさ(60%)という自社のリーダーに関する項目が、28項目のうち最大の懸念事項として挙げられました。このことは、現在直面している課題に対処し、将来のビジネスを成功に導くためには、優秀な人材と優れたリーダーが必要であることを明確に示しています。上位10位に挙げられた課題は、下記のとおりです。

> 最高経営幹部が考える、来期注意を要する課題

2. リーダーシップ・スキルは依然として停滞
  今こそ、ギャップを埋める時!

DDIは、これまで20年近くグローバル・リーダーシップ・フォーキャスト調査のデータを収集してきましたが、リーダーシップの本質を揺るがす要因をこれほど多く目にしたことはありませんでした。「既存の市場を革新し、一新させるための競争の激しさが増し、組織や人々がそこから目を背けてしまっています」 また、不確かな将来において組織を成功に導くリーダーの質がこれほどまでに重要となったことはありませんでした。

> 日本のリーダーの質:6年間の変遷

3. リーダーシップ戦略
  忘れられた事業計画の基礎

自社の戦略を実行できるリーダーを有していると回答したCEOは
グローバルの14%に対し、日本はわずか4%

優れたリーダーを有する組織は、そうでない同業他社よりも高い業績を上げていることが、グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト2018のデータから明らかになっています。しかし、これほど価値の高い資産をすべて把握し、一元管理している組織はほとんどありません。リーダーシップ・モデルと能力開発プログラムは山ほどありますが、ビジネス目標と結びついているものはほんの一握りです。必要なのは、明解で一貫性のあるリーダーシップ戦略です。綿密な計画を立てることで、組織は現在と、そして将来のビジネスを遂行できる人材を、適切なコストで確保することができます。しかし、自社に優れたリーダーシップ戦略があると感じている日本の人事担当者はわずか13%だったことが判明しました。そのような戦略がある組織では、人材投資からより大きな効果を得ていることが報告されています。そして、このような組織では、あらゆる階層において、確固たる人材の供給体制と優れたリーダーを一貫して有しています。

> 優れたリーダーシップ戦略がある組織とない組織における、ビジネスの課題に対応する
 グローバルの準備態勢

4. 明確な方向性に基づいたリーダーシップ
  複雑な環境下において、他者を鼓舞し、導く

明確な組織の存在目的とは、社会の発展に貢献する役割を果たすことです。この存在意義が組織やそのパートナー、関係者、社会全体を鼓舞し、行動を促します。明確な目的は、従業員のエンゲージメントの向上、チームの統一、顧客からの高い信頼を得ることによる継続的な関係の構築、不確実な環境における効果的な意思決定の枠組みの形成に役立つことを示す数々の根拠があり、本調査もそうした考えを裏づけています。グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト2018では、明確な目的が組織レジリエンス(組織が存続し繁栄するために、変化や突然の混乱に対して予見、準備、対応、適応する能力)を築き、ひいては長期的に業績を向上させることが明らかになっています(下図参照)。リーダーが組織の目的を体現する行動を取ることで、真の利益が得られることが判明しました。

> 明確な組織の存在目的が業績にもたらす効果

詳しい内容はグローバル・リーダーシップ・フォーキャスト2018〔日本特集〕に掲載されて
 います。
 以下のリンクからレポートをダウンロードできますので、どうぞご利用ください。

人材開発に関することは、お気軽にお問合せください
お電話でのお問合せ
03-3320-7121
(平日10:00~17:00)
フォームでのお問合せ
お問合せフォーム

レポート・講演

お電話でのお問合せ
03-3320-7121
(平日10:00~17:00)
フォームでのお問合せ