Cases / Surveys / Reports 事例・調査・レポート

GLF2021リーダーシップ・トランジション・レポート

GLF2021リーダーシップ・トランジション・レポート

本レポートは、グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト調査※の一環として、世界各国の2,102人の人事担当者と15,787人のリーダーからの回答を基に、新しい職位に移行するリーダーが抱える課題に焦点を当て、リーダーがより早く、より効果的に新しい役割を滞りなくこなせるようになるための所見をまとめています。

【主な所見】

  • 経営幹部職への移行に失敗する割合は?
  • リーダーが昇進時に受けたストレスが組織に与える影響
  • 新職位への移行期に組織が提供する支援には、性別による差異があるか?
  • 新職位への移行を円滑に行うために、取るべきアクションは何か?

新職位への移行をより円滑にするための調査

ここでは、リーダーシップ・トランジション・レポート2021に掲載されているデータの一部をご紹介します。

  • 社内から昇進した経営幹部の成功率は、社外から採用した場合よりも25%高い
  • 男性は、女性よりもリーダーシップ・スキルのトレーニングを受ける割合が13%高い
  • 昇進時のストレスは長期にわたって影響を及ぼすことが判明。ストレスの多い移行期を経験したリーダーの45%が、そうでないリーダーと比較して、自身のリーダーとしての力量を平均的または平均以下のリーダーと評価している

新たな職位に就任したリーダーがどの程度苦心しているかは周囲の人には分かりません。良い印象を与えたいがために、難しい状況を笑顔で押し通してしまいます。焦っていることを誰にも気づかれないようにするためです。