変革推進

こんなお悩みありませんか?

  • 環境変化に対応すべく変革施策を実施しているが、うまくいかない
  • 度重なる変革に社員が適応できない
  • 経営幹部と社員の間で、変革についての考え方にギャップが生じている

背景・問題意識

組織や事業が永続的に市場に対して価値を提供し、存在し続けるために必要なことは、環境変化に応じて自らを変えていくことです。競争優位性を高めるための革新的なソリューションを見出すことは容易ではなく、それを組織に浸透させることはさらに困難な課題です。組織において変革の取り組みを成功させるには、変革に対する社員の抵抗をやる気に変え、当事者意識を促すことのできるリーダーシップが必要です。競争が激しさを増す中、急速にビジネスを進めていくための“現状打破”は、リーダーの責任でもあるのです。

アプローチ方法

変革推進を実現するには、自組織が直面している変革の段階を見定め、それに応じたアプローチを選択することが肝要です。組織にとっては、イノベーション起こす理想的な環境づくりと変革課題を着実に遂行するリーダーの育成が求められています。

1.変革の必要性と現状を把握する

  • 変革に伴う3つの壁(認知の壁、反発の壁、維持継続の壁)を理解し、自組織の段階を把握する。

2.イノベーションの文化の醸成を図る

  • イノベーションに関する課題の種類や範囲を検討し、イノベーションの推進の妨げとなる障害を克服する。

3.変革を引き起こすリーダーを育成する

  • 変革の実行に際し、生産性、モラル、協働において予測される否定的な影響を最小限に抑え、変革に対するメンバーの当事者意識を促し、変革の実行プロセスを加速させる役割を担うリーダーを計画的に育成する。

関連するプログラム

おすすめ情報