初級・中級管理職向けリーダーシップ開発
インタアクション・マネジメント®

リーダーの実行力を強化し、行動変容を促す

インタアクション・マネジメント®(IM)は、リーダーの行動変容を促すために、
50年以上の研究と経験を基に開発されたリーダーシップ開発プログラムです。
リーダーが職場で直面する課題に直結したテーマを扱うこのプログラムは、
新任のフロントライン・リーダーだけでなく、経験豊富なリーダーや個人のスキルを
迅速かつ効果的に開発するためのツールやリソースを提供します。
MSC/DDIのもつネットワークを使ってグローバルに一貫性のあるトレーニングの提供も可能です。

解決できる課題

課題

効果的にコミュニケーションを図り、組織の事業戦略を実行したい

課題

最高の成果を上げるためのコーチングを提供し、人を通じて成果を上げたい

課題

部門の目標や戦略に関連する質の高い意思決定を迅速に行いたい

課題

熱意のある社員を率いて変革の取り組みを推進したい

課題

事業目標達成に向け、組織全体にわたってパートナーシップを構築・活用したい

課題

製品やプロセス改善に役立つイノベーションを引き起こしたい

特長

IMは事業戦略の「実行」をテーマとし、実行力の強化に向けたリーダーシップ開発プログラムです。
国内外の研究機関と行った人材開発基礎研究や実証研究を通じて開発した、科学的で質の高いトレーニングプロダクツです。意識変革だけにとどまらず、学習者の行動変容を通じてビジネス上の成果を生み出すことができます。

特長1

リーダーシップのコアスキルによってリーダーは優れたパフォーマンスを発揮します。

特長2

行動モデリング学習によって「わかる」を「できる」に変え、職場実践につなげます。

特長3

3つの学習のステップを促す効果的な学習方法やツールを揃えています。
IMではクラスルーム研修、IMバーチャルクラスルームの他、クラスルームで学ぶ内容を1~2時間程度に凝縮した自己学習ツール「IMオンライン」や、IMに関連したテーマやスキルに焦点を当てて5~20分程度で学ぶ「マイクロラーニング」といった学習方法が揃っています。また、コースに付随する能力開発アクセラレーターツールを活用することによって、学習した内容を適用場面において補足し、活用を促進することが可能です。

導入プロセス

1

リサーチ&プランニング

人事関連情報の把握や経営・人事部門関係者へのインタビューを通じ、全体計画を立案します。

2

プログラムデザイン

開発領域を特定し、実施プログラムを決定します。

3

プログラムの実施

研修を実施します。

4

職場実践

職場での行動変容に向けた職場実践計画を作成。計画に基づく実践行動によって学習内容の定着を図ります。

5

効果測定と評価

職場実践計画の内容が達成できたかを確認します。行動変容が伴ったかどうかについて、必要に応じてアセスメントを実施します。

コース一覧

※コース一覧は「インタアクション・マネジメント®コース一覧」からもご確認いただけます。

一般社員およびリーダー向け(IM: ExP)
  1. 影響を及ぼすコミュニケーション
  2. 効果的なフィードバックと傾聴
  3. 変化を受け入れる
  4. 多様性の尊重
リーダー向け(IM: ExL)
  1. 成果を生み出すリーダーのコミュニケーション・スキル
  2. 深刻な業績問題への対応
  3. チャンスを活かす5分間コーチング
  4. 採用面接の技術
  5. 信頼の構築と維持
  6. 最高のパフォーマンスを引き出すためのコーチング
  7. 目的のある権限委譲
  8. リーダー自身とメンバーの能力開発
  9. 新リーダーとしての挑戦
  10. 変革推進リーダーシップ
  11. フロントライン・リーダーのための戦略実行
  12. イノベーションの促進
  13. チーム・パフォーマンスの最大化
  14. 職場における対立の解消
  15. 目標設定と達成状況の振り返り
  1. 16.人を動かす影響戦略
  2. 17.バーチャル・チームを率いる
  3. 18.リーダーのためのインタアクション・スキル
  4. 19.質の高い意思決定
  5. 20.部門内リーダーへの能力開発支援
  6. 21.適応リーダーシップ
  7. 22.チームと組織の業績を高める
  8. 23.パートナーシップの構築
  9. 24.新リーダーとしてのスタート
  10. 25.ミーティング・リーダーシップ
  11. 26.モチベーションを高める
  12. 27.迅速意思決定
  13. 28.コンセンサスの形成
  14. 29.人材の定着

おすすめ情報