Cases / Surveys / Reports 事例・調査・レポート

ハイブリッド型チームを率いる方法: 5つのベストプラクティス

ハイブリッド型チームを率いる方法: 5つのベストプラクティス

「遅かれ早かれ、古いものはすべて新しく生まれ変わる」。この言葉が頭に浮かんだのは、私が一緒に仕事をしていたリモート環境で働くリーダーが、フルタイムのオフィスワークに戻ることへの懸念を何気なく語っていたときでした。実際に彼らの多くは、長い間ハイブリッド型チームを率いていました。

彼らリーダーとそのチームメンバーの大半は以前同じオフィスで一緒に働いていましたが、中には遠隔地にいるメンバーもいました。「未来のハイブリッド型チームには、過去の習慣や文化が適用できる」と言う人もいましたが、先見の明のある人は違う見方をしていました。

彼らはこの新しいハイブリッド型の職場に備えるために何ができるかを考え、数分でその課題と機会を見出しました。これが変革リーダーシップの顕著な特徴と言えます。

世界中の組織は、いかにして従業員を以前の働き方に戻すかについて悩んでいますが、この問題はかつてないほど深刻です。調査によって数値は異なりますが、一貫して経営幹部が軽視できないテーマがあります。従業員は柔軟な働き方を求めており、それができなければ多くの人が退職してしまう可能性があるのです。ある調査では、従業員の約40%が、何らかの形でリモートワークを継続できない場合、退職を検討すると回答しています。

その一方で従業員は、より柔軟な働き方を求めると同時に対面でのコラボレーションへの要望も強く、この相反する2つの願望の間で揺れ動いています。ハイブリッド型の職場とハイブリッド型チームを将来の働き方の妥協策とみなす人もいるかもしれませんが、組織がこれを正しく理解すれば大きな競争力となるのです。

 

【主な内容】

ハイブリッド型チームの定義とは?

ハイブリッド型チームで働くメリットとデメリットは何か?

ハイブリッド型チームを率いるための、5つのベストプラクティス

経営幹部がハイブリッド型の働き方文化を構築する

 

ハイブリッド型勤務を効果的に運用するためのヒントとなる情報を掲載しています。

 

ダウンロードはこちら