リーダーシップ・ポテンシャルを特定するオンライン・アセスメント
Early Identifier®

リーダーシップ・ポテンシャルを早期に特定する
オンライン・アセスメント

Early Identifier®は、個人のリーダーシップ・ポテンシャルを早期に特定して
成長につなげるオンライン・アセスメントです。
一般社員からフロントライン・リーダーを対象に、将来リーダーとして成長する可能性を診断し、
目指すリーダー像に向けて最適な能力開発計画を立て、実行に移すきっかけを作ります。
また、組織にとっては、ポテンシャル人材の分布や隠れたポテンシャル人材の発見が実現するだけでなく、
個人への適切な成長機会の提供にお役立ていただけます。

第6回HRテクノロジー大賞
ラーニングサービス部門 優秀賞受賞

解決できる課題

課題

リーダーとして成長可能なポテンシャル人材を早期に特定したい

課題

個人にとって効率的な開発計画を策定したい

課題

個人が自ら学び、成長する意識を醸成したい

特長

Early Identifier®では、「パーソナリティ」と「スキル&ナレッジ」の2つの側面から、個人のリーダーとしての成長可能性を診断します。パーソナリティでは、リーダーとしての意欲や適性、行動に、個人のもつ特性が及ぼす影響を診断します。スキル&ナレッジでは、リーダーシップ・シミュレーションを通して、リーダーとしての適切な行動が特定できるかを診断します。
本アセスメントは、キャリア早期に、より多くの人材に対してリーダーとしてのポテンシャルを発揮できる機会を均等に提供するだけでなく、従来のアプローチでは選抜されなかった隠れたポテンシャル人材の表出に役立ちます。

導入プロセス

1

スケジューリングとセットアップ

システム要件を確認し、実施スケジュールを立て、システムに参加者を登録します。

2

コミュニケーション

システムから受講案内メールを送信します。

3

アセスメント実施

参加者がEarly Identifierを受講します。

4

レポーティング

受講後、レポートが自動発行されます。

5

フィードバック&STR(オプション)

オプションでフィードバックセッション、Strategic Talent Reviewを実施します。

カリキュラム

所要時間:3時間

おすすめ情報