リモート環境下に求められるマネジメント

こんなお悩みありませんか?

  • チームでのコミュニケーション量が減っており、一体感を感じにくい
  • タスク管理が難しく、進捗状況がつかみにくい
  • チームや部下に、方針や重要事項が伝わりにくい
  • 業務時間の管理、部下の健康状態等の把握が難しく、労務管理に不安がある

背景・問題意識

リモートワークの急速な普及により働き方が変わる中で、メンバーを率いるリーダーのアプローチも、従来のやり方では機能しづらくなっています。
メンバーの働きぶりが見えない状況で、いかにメンバーのストレスや不安を取り除きながら、行き過ぎないバランスの良いマネジメントでチームとしての効率を維持・向上できるかが、成功の鍵となります。

アプローチ方法

MSCでは、自社のリーダーが「戦略を実行するうえで不可欠な3つの要素」と、リモート環境下において対話の質を高めて信頼関係を強化し、目標達成に向けてチームを率いるために「リーダーが整えるべき3つの基盤」に焦点を当てて、スキルの強化を促しています。

戦略を実行するうえで不可欠な3つの要素

1.フォーカス

  • 何よりも優先して取り組むべきことを決める

2.アカウンタビリティ

  • 仕事を割り当て、責任を担う意識を高める

3.測定評価

  • 進捗を管理し、成果を評価する

リモート環境においてチームを率いるために整えるべき3つの基盤

1.信頼

  • 分散し、多様化したメンバーとの間に、信頼関係を構築する

2.コミュニケーション

  • 離れて作業をしている間も効果的にコミュニケーションをとる

3.可視化

  • チームメンバーの目標を可視化し、焦点を絞る

関連するプログラム

おすすめ情報