Cases / Surveys / Reports 事例・調査・レポート

2021年注目のリーダーシップ関連トピック トップ10

HRおよびリーダーシップ分野において、影響力の高いトップインフルエンサーによる、2021年に向けたリーダーシップ関連の注目のトピックや、仕事の未来を形成する新たなトレンドを紹介します。

2021Top01.png

DDIは過去6年にわたり、Twitterのトップインフルエンサー20人(本稿末尾の一覧参照)の投稿内容を分析し、その年のリーダーシップに関する注目トピックを探ってきました。最新の分析によると、2021年の注目の話題は、パンデミックやそれに伴う経済的な課題によって形成され続けることが予測されます。

ソーシャルメディアにおけるインフルエンサーたちの発言や投稿を基に順位付けした2021年のランキング上位は、次の10トピックです。

2021Top02.png

  1. 従業員のウェルビーイングは最優先事項となる。

パンデミックにより、組織は健康と安全に関する新たな課題に直面しましたが、さまざまな個人的・組織的なメリットを得られることから、多くの組織において、従業員のウェルビーイングの取り組みが優先的に行われてきました。
昨年から注目のトピックとして挙げられていたウェルビーイングは、これからの一年、ビジネスの成功に欠かせないものになることが予測されます。従業員のウェルビーイングを支援するための重要な役割を、リーダーはどのように果たすことができるでしょうか? まずは、コーチングを増やし、現実的な目標を設定し、仕事の優先順位付けを支援することから始めるとよいでしょう。

2021Top03.png

  1. 新しいツールが学習文化を促進する。

不確実性の高い時代には、市場に劇的な変化が起こります。特にHRや能力開発チームにおいては、この1年間、迅速に新しい方法で学習を提供する必要に迫られました。その結果、新しい学習アプローチや学習文化の変化についての投稿が多く見られました。DDIの最新の グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト の調査によると、今、多くのリーダーがオンラインでの学習機会を求めています。また、変化のペースに遅れをとらないように、学習や能力開発により時間を費やすリーダーも増えています。

2021Top04.png

  1. ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)が新たなピークを迎える。

これまでもD&Iは注目を集めていましたが、最近の米国での悲劇的な出来事により、職場の重要な問題として、さらに注目度が増しています。2021年の注目のリーダーシップ・トピックにおいて、人工知能(AI)のようなテクノロジー関連のトレンドを抑え、初めて「人」の問題が上位に浮上しています。これは、人間的側面にどれだけ力が注がれているかを示しています。グローバル・リーダーシップ・フォーキャストの最新データによると、リーダーの多様性を推進することは、ビジネスに大きなメリットをもたらすことが明らかになっています。性別や人種・文化的に多様性の富んだリーダーの割合が平均以上の組織は、業績上位10%に入る確率が8倍も高くなります。

2021Top05.png

  1. AIは次なる大躍進が必要となる。

ここ数年、注目のトピックランキングのトップに位置付けられていますが、AIは、適用面でいくつかの課題があり、特にHRにおいて当てはまります。新しいツールやプロセスへの移行に失敗はつきものですが、 HR Examinerの最近の調査によると、AIは他よりも失敗率が高くなっています。
ほぼすべての業界において、リーダーは今後もより良い方法でAIの活用に挑んでいきたいと考えています。これは、誰もがより正確な予測をするのに役立ちます。また、日々生成される膨大なデータを、より効果的に活用できるようになります。

2021Top06.png

  1. 未来と人に重点を置いたスキル構築の緊急性が新たに浮上した。

パンデミックの中で、リーダーは新たな課題に直面し、特に、リモートワークやチームメンバーとのコミュニケーションの難しさに、心底、苦労しました。最新の調査によると、リーダーとして必要とされる重要なスキルにどの程度優れているかについての自己評価が大幅に低下していることが判明しました。
競合への対応とイノベーション促進に対するプレッシャーの高まりは、組織が将来必要とされるスキルを先んじて構築しなければならないという緊張感を作り出しています。では、組織が先手を打つためにするべきことは何でしょうか? 現在、および将来のビジネス課題の両方に対応するために必要なリーダーシップ・スキルを、たとえ数年先のものでも継続的に見極める必要があります。

2021Top07.png

  1. より良い従業員体験(EX)を創出する。

従業員体験は、昨年、従業員エンゲージメントを上回り、急速に注目度が高まったトピックです。インフルエンサーは、従業員体験の重要性と、それを作り出す上で不可欠なHRの役割を促し続けてきましたが、それはなぜでしょうか?
従業員体験は、従業員の定着率と組織のパフォーマンスを向上させるために非常に重要です。そして、働き方の激変により、リモート環境で働く従業員の管理に伴う課題は、これからも続くことが予測されます。この傾向は、より良いリモート環境における体験と、従業員の期待に応じた柔軟な選択肢を提供することを組織に求め続けています。

の両方に対応するために必要なリーダーシップ・スキルを、たとえ数年先のものでも継続的に見極める必要があります。

  1. デジタル・トランスフォーメーションの必要性は高まる。

昨年はあらゆる業界において、対面での業務や手作業を急速に削減する必要性に迫られましたが、食品や接客、サービス業界では、その緊急性が顕著に表れました。残念ながら、自動化と新しいツール適用のニーズが増しているにもかかわらず、ほとんどの組織はデジタル・トランスフォーメーションの準備ができていません
今や、デジタル感覚に優れたリーダーがさらに求められ、新しいテクノロジーの活用に関する最善の決断を導くことができるリーダーも必要とされています。幸い、多くのリーダーがこの分野を学び、成長しなければならないことを認識しています。最新の調査において、リーダーは自身のキャリア形成のためにデジタル感覚の重要性が25%増したと言及しています。

2021Top09.png

  1. リモート環境で協働するためのツールを充実させる。

パンデミックは空前のオフィス離れを引き起こしました。このことにより、多くの従業員がこれまでにあまり経験のないリモートでのミーティングや在宅勤務を余儀なくされました。その結果、組織はリモートで働くチームをつなぐ新たな方法を模索し、より多くのビデオ会議やチャットなどのメッセージ・ツールを使用しなければならなくなりました。
良い点は、ほとんどの従業員がこの変化を好意的に受けとめていることです。Pew Research Center の調査によると、ビデオ会議やインスタント・メッセージなどのテクノロジーを活用しているリモートワーカーの65%が、オンライン・ツールが対面でのコミュニケーションの代用になると考えています。

2021Top10.png

  1. ピープルアナリティクスは人材の定着の鍵となる。

効果性の高い優れた人材プログラムは、データに基づく客観的な判断を行うためのツールをリーダーに提供します。
ピープルアナリティクスに長けている組織が、従業員により良いキャリアパスを作り、働きやすい職場になるのは当然といえます。また、より公平で多様性に富んだインクルーシブな職場である確率が高くなっています。

2021Top11.png

  1. 在宅勤務が新しい働き方となる。

リモートワークへの移行は、組織的なコスト削減につながることと、より柔軟な働き方が選べることによる従業員の満足度の高さから、今後も継続されることが予測されます。 Pew Research Centerの最新の調査によると、自身の仕事はほぼ自宅で遂行できると回答した人の半数以上(54%)が、コロナ終息後に選択肢があるとすれば、完全に、あるいは多くの時間を在宅勤務にしたいと答えています。
最近では、51%のCEOが「リモート環境での働き方の成功」をチームが乗り越えるべき最大の障害として認識しており、今後もリーダーが直面する課題であると考えています。このことは、将来、成功するためにリーダーが克服しなければならない課題でもあります。

2021Top12.png

2021年の注目のリーダーシップのトピックは、未来に向けてどのような意味をもつか?

これらの注目のトピックは、この先、どのような意味をもち、リーダーの仕事とビジネスの本質は、どのように変わっていくのでしょうか? 将来は誰にも確実には予測できませんが、2021年に向けた注目のリーダーシップのトピックは、現在と今後の明確な傾向を示しています。10年後に成功しているためには、自社のビジネスに関わるすべての人々―さまざまな世代や地域を超えた消費者や従業員により良い体験を提供できるように、真剣に取り組むことが必要です。

これらのトレンドの影響を考慮して邁進するリーダーは、難局を乗り越え、将来の成功を生み出す態勢をしっかり整えることができるといえるでしょう。

 

以下は、リーダーシップに関する注目トピックをまとめるために投稿を分析した、20人のインフルエンサーのリストです。

Abhijit Bhaduri

@AbhijitBhaduri

Adam Grant

@AdamMGrant

Conor Neill

@conorneill

Dave Ulrich

@dave_ulrich

David Green

@david_green_uk

Ester Martinez

@Ester_Matters

Gordon Tredgold

@GordonTredgold

Jacob Morgan

@jacobm

Jean Case

@jeancase

Jeanne Meister

@jcmeister

Jim Stroud

@jimstroud

Josh Bersin

@Josh_Bersin

Meghan Biro

@meghanmbiro

Sharlyn Lauby

@sharlyn_lauby

Soumyasanto Sen

@soumyasanto

Stacy Donovan Zapar

@StacyZapar

Steve Boese

@SteveBoese

Susan LaMotte

@SusanLaMotte

Susann Fowler

@fowlersusann

Trish McFarlane

@TrishMcFarlane

 

ご興味のある方は、バーチャルクラスルーム、集合形式、オンラインで提供可能な リーダーシップ開発コースをご参照ください。

 

原文はこちらをご参照ください。