事業戦略と人事戦略の連動

こんなお悩みありませんか?

  • 事業戦略に即した人事施策になっているかどうか確信がもてない
  • ビジネスを成功に導くリーダーの特定ができない
  • ビジネスの変化に適応する人材が不足している
  • リーダーやマネジャーを計画的に育成するしくみがない

背景・問題意識

VUCA時代といわれて久しいですが、私たちを取り巻くビジネス環境も大きく変化し、多くの企業がニューノーマルの時代に対応すべく試行錯誤を続けています。変化する時代に企業の優位性を維持し続けるためには、優秀なリーダーとリーダーシップ戦略が必要です。優れたリーダーシップ戦略とは、将来の自組織のありたい姿を見据え、事業戦略の実現を可能にするリーダーを意図的に育成し登用する仕組みを構築することです。つまり、事業戦略と人事戦略の連動が重要であり、人事施策の計画に際しては欠かせない要因となります。

アプローチ方法

クライアントとともに経営戦略・人事戦略の課題を見極めながら、計画的な人材育成のための体制構築と運用をサポートします。

まず始めに、組織の戦略的および文化的優先事項を実現するために、リーダーが乗り越えなければならない重要な課題(ビジネス・ドライバー)を特定する必要があります。
組織のビジネス・ドライバーを特定することは、短期および長期におけるリーダー人材の特定や、パフォーマンスと成長を促進させる人材戦略を実行するうえで、極めて重要です。

  1. 組織特有のビジネス状況に合致したリーダーシップの優先事項を特定する。
  2. 戦略的および文化的優先事項と、求められる人材像(サクセス・プロフィール)を明確にする。
  3. 効率的かつ正確にハイポテンシャル人材を特定する。
  4. リーダーの準備度診断を行い、能力開発のポイントを特定する。
  5. 個々の能力開発を加速化する育成計画を立てる。

関連するプログラム

おすすめ情報